AGA発毛治療、男性型脱毛症や女性の薄毛治療「FAGA」のケアの方法やクリニックの紹介をしています。

AGA発毛治療でセンスアップ

薄毛・ハゲの悩み

毛髪の薄毛は食べ物で予防できる?頭髪にお薦めできる食品&まずい食習慣をとことんまで解説!

薄毛の予防には何を吸収するといいんだろう?...と食事選びにどうしてよいかわからなくなっていませんか?

このレポートでは、編集部が徹底チェックした薄毛予防に効き目がある食べ物&栄養成分をご紹介!

※日本皮膚科医ガイドライン「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017」を参考にしています。
※多量摂取により疾病が治癒したり、より健康が増進するものではありません。

 

 

 

 

薄毛予防に効き目がある食べ物&栄養成分

 

 

1. 薄毛解決案に効き目があるお料理6選

食品名  おもな栄養素
卵 ・タンパク質
・亜鉛
・メチオニン
・レシチン
鶏むね肉鶏むね肉 ・動物性タンパク質
・シスチン
・コラーゲン
レバーレバー ・ミネラル
・タンパク質
・ビタミンA、B群
納豆納豆 ・大豆イソフラボン
・ナットウキナーゼ
・レシチン
チーズチーズ ・タンパク質
・ビタミンA
・L-リジン
牡蠣牡蠣 ・必須アミノ酸
・亜鉛
・ビタミンB群

 

▶簡単に取り込める!薄毛防止メニュー
半熟ゆで卵、納豆+卵

卵

参考

レシチンの加熱温度に配慮!
黄身に含まれるレシチンは高温に弱い気質があります。
60度以上の温めで壊れてしまうため、調理時は半熟ぐらいに抑制しましょう。

 

 

薄毛解決案に効果的なお料理②
▶ 鶏むね肉

鶏むね肉

ハイクオリティーなタンパク質を手軽に食べられる鶏むね肉。

・髪の主原材料ケラチンの結びつけをサポート
...タンパク質、シスチン
・頭部の肌と髪のうるおい・ハリのある感じを保つ
...コラーゲン

...など、しなやかな髪と頭部の肌の維持に有効な栄養が何種類も存在しています。

鶏皮に多く含有されるコラーゲンは、食事から摂りいれることで髪の太さが増大したという解明結果もあります。

 

参考

▶簡単に取り込める!薄毛防御メニュー
サラダチキン

 

 

薄毛解決策に効果的なお料理③
▶ レバー

レバー

豊富な栄養素で知られるレバーも育毛にはおすすめ!

・髪の主原材料ケラチンの結びつけをケア
...タンパク質、亜鉛
・頭部の肌のいき過ぎた皮脂分泌に歯止めをかけて荒れを防ぐ
...ビタミンA、ビタミンB群

含まれる亜鉛の豊富さは肉類の中でもトップレベル。

またビタミンAとB群がオーバーな皮脂を抑え、脂漏性皮膚炎など頭皮トラブルも阻止します。

参考

▶簡単に取り込める!イチオシメニュー
レバニラ炒め

注意ポイント

ビタミンA(脂溶性ビタミン)の食い過ぎに警告!

脂溶性ビタミンであるビタミンAは、食い過ぎると頭痛や皮ふの代謝に不都合がある恐れが。
偏食になる毎日・毎食の摂取はやめた方が良いです!

サプリでお手間を取らせずとることもできますよ。

 

 

薄毛解決策に効果的なお料理④
▶ 納豆

納豆

未来に向けたAGA(男性型脱毛症)予防が見込める栄養成分が豊富な納豆。

・AGAがもたらされる原因物質のコントロール
...大豆イソフラボン
・頭部の肌の血の巡り回復
...大豆イソフラボン、ナットウキナーゼ、レシチン

イソフラボンは、AGAができる原因とされる5αリダクターゼ(頭皮の還元酵素)の管理作用をもっています。

また抗酸化作用が血管中の血液をサラサラにして、栄養が行き渡った頭部の肌環境条件が整います。

参考

▶簡単に取り込める!薄毛解決手段メニュー
キムチ納豆、納豆卵

+カプサイシンで毛が生えてくることを促進!

唐辛子が含有するカプサイシンには、IGF-1(育毛・毛が生えてくることを促す成長ベースになるもの)の分泌をアップさせる効果を見せてくれます。
シナジー効果の高いイソフラボンとミックスさせたキムチ納豆がバッチリです。

 

 

薄毛解決策に効果が現れるお料理⑤
▶ チーズ

チーズ

チーズには髪の結び付けになくてはならない必須アミノ酸が含まれています。

・髪の主原材料ケラチンの合成をサポート
...タンパク質、L-リジン(必須アミノ酸)
・頭皮の皮脂抑制+ターンオーバーの促進
...ビタミンA、ビタミンB2

L-リジンはケラチンの合成に絶対不可欠なため、AGAクリニックでも栄養機能食品が処方されています。

また脂質いっぱいのクリームチーズよりも、カマンベールチーズやチェダーチーズが間違いないでしょう。

参考

▶簡単に取り込める!イチオシメニュー
チーズ&ナッツの盛り合わせ

 

 

 

薄毛解決策に効果が現れるお料理⑥
▶ 牡蠣

牡蠣

海のミルクとも言い表される亜鉛の金脈・牡蠣。

・髪の主原材料ケラチンの合成をサポート
...タンパク質、亜鉛
・頭部の肌の皮脂抑制+新陳代謝の拡張
...ビタミンB群、タウリン

亜鉛の混合量は4粒あたり11.6g。これは成人男の人が1日にどうしても必要な亜鉛10gを摂り入れできる量です。

また髪の合成に絶対不可欠な必須アミノ酸も一緒になっているので、育毛の最適フードといえますよ。

参考

▶簡単に取り込める!イチオシメニュー
牡蠣+レモン

 

 

どのフードも、いつもの食事にアイテム加えることでお手間を取らせず薄毛阻止ができるお料理です。

お酒のおつまみやサイドメニューなどできる範囲で選んでみましょう!

 

栄養機能食品の応用もお勧めできます

わかっていてもフードスタイルの改革はなかなかしんどいもの
亜鉛やビタミンがお手間を取らせず補給できるサプリメントも積極的に活かしましょう!

 

 

 

 

 

 

 

2. 間違いなくNG!髪のために遠慮したい食ライフスタイル

頭髪に悪い影響を与えてしまうライフスタイルは、栄養バランスのひずみだけではありません。

ここではライフサイクルでやりがちなNG!!食のルーティンをご紹介します。

 

▶育毛のために遠慮したいNGルーティン

・高脂質、高カロリー、糖類いっぱいのお料理
・過激なカロリー制限による減量
・お酒の呑みすぎ
・就寝する前のお料理

「どういう訳でダメなの?」といったポイントも覚えていきましょう。

 

 

育毛する為に遠慮したい食ライフスタイル①
▶高脂質・ハイカロリー・糖類の多いお料理

 

ラーメン

 

ハンバーガー・ジャンク

 

ラーメンやフライドポテト、ジャンクフードなど…。

外食では選択しがちなお料理ですが、

×血流障害による頭部の肌環境の衰弱
×肥満体による内臓キャパシティーの低下

...といったよくない影響を招いてしまう可能性が。

 

脂質・糖類の摂取し過ぎによって血液がドロドロになることが要因です。

 

 

育毛する為に遠慮したい食ライフスタイル②
▶極度な食事規制によるダイエット

 

食事規制

ダイエット

カロリーや脂質・糖類をガクンと制限するダイエットにも気をつけなければなりません。

×髪が痩せ細る・ツヤが消失する
×脱毛の上昇

...など、髪をつくるための栄養成分が足りないこと。するとさまざまなマイナス要因が。

栄養バランスのとれたお料理で活き活きしたダイエットをすることが大切です!

 

 

 

育毛する為に遠慮したい食ライフスタイル③
▶お酒の呑みすぎ

アルコール

アルコールを摂取し過ぎると、

×DHT(悪性メンズホルモン)の割り増し
×亜鉛が足りない状況

といった、AGA(男性型脱毛症)がもたらされる原因につながる可能性が。

 

酒類の代謝時に引き起こされるアセトアルデヒドの働きによるものなので、呑みすぎはタブーです。

お酒は「ちょうどよい具合に」楽しみましょう

デメリットもありますが、アルコールには頭皮の血の循環をよくする効果もあります。
アセトアルデヒドも少量なら無害な酢酸に変わるため、適正な量であればいいでしょう。

 

 

育毛する為に遠慮したい食ライフスタイル④
▶就寝する直前のお料理

睡眠前の食事

睡眠の直前に栄養を摂取すると、

×快眠の質の減少
×頭髪・頭皮の育成を阻止する

など、髪のステップアップに影響を及ぼすデメリットがあります。

 

これは消化のため胃に血液が集中し、酸素と栄養成分が頭部の肌にまで行き渡らなくなるから。

基本として、食事は睡眠の3時間前までにすませるのがおすすめです。

栄養成分はもちろんハイクオリティーの睡眠も育毛には欠かすことができません。

かしこくバランスを整えながら、薄毛になりにくい日常を志しましょう!

 

 

3. 『薄毛とフードライフ』の意味ありげなQ&A

Q1. 甘いものを堪能するとハゲてしまう?

A. 甘いもの(糖分)を食べても薄毛にはなりません。

ただし、生クリームやバターをたくさん使った西洋菓子などは脂質と糖類が多めです。

食いすぎれば頭皮環境条件の異常につながることも考えられるため、少量ずつ楽しみましょう。

またカカオ70%以上のチョコレートは、抗酸化作用があるポリフェノールが豊富でおすすめです。

 

Q2. 髪にいい「ドリンク」はある?

A. 豆乳・緑茶などがおすすめです

髪や頭部の肌に効果が現れる栄養成分を含むドリンクをご紹介します。

飲料名 栄養素   期待できる効果
豆乳 ・イソフラボン
・レシチン
・サポニン
〇男性ホルモンを抑える
〇血液をサラサラにする
緑茶 ・緑茶カテキン 〇頭皮の抗酸化作用
コーヒー  ・カフェイン  〇血行促進

特に豆乳はタンパク質も含有するため、育毛にはちょうどいいドリンクです。

注意ポイント

珈琲の飲み過ぎはNGです
眠気覚ましで認識されるように、カフェインには交感神経に刺激をあたえる効果が。

・眠りの質の悪化
・皮脂分泌が増大する

...などの影響がもたらされるため、飲み過ぎにはお気をつけください。
1日あたりの目安はカップ(150ml)4杯までと言われています。

 

 

Q3. 栄養機能食品で薄毛療法はできる?

A. 程度によりますがサプリメントで完全に薄毛を治すことはできません。(予防・治療のサポートならあり)

食品(栄養補助食品)であるサプリメントには、医薬品のように有効成分は含有されていません。

再び髪を生やして薄毛をいい方向に向かわせたい方は発毛剤の摂取や外用が安心できると思います。

ただし発毛剤のサポートや先を見据えた薄毛の予防としてなら、亜鉛やL-リジン(必須アミノ酸)などケラチン合成をアシストするサプリメントをセレクトしてください。

 

 

 

 

4. まとめ

ここまでお料理でできる薄毛解決方法をアドバイスしてきましたが、いかがでしたか?

もう一度、薄毛に効き目があるフードと避けたいNGフードライフをおさらいしましょう。

ポイント

▶薄毛に効果的な食べ物6点
①卵
②鶏むね肉
③レバー
④納豆
⑤チーズ
⑥牡蠣

注意ポイント

▶育毛のために避けたいNG食習慣
①高脂質、高カロリー、糖質の多い食事
②極端な食事制限によるダイエット
③アルコールの飲みすぎ
④寝る直前の食事

 

内容を詳しく復習したい方は、以下からチェックができますよ。

「薄毛に効果的な食べ物6選」
「実はNG!髪のために避けたい食習慣」

髪と頭部の肌にいいお料理を自然な感じでとりいれて、薄毛を阻止していきましょう!

 

 

 

 

-薄毛・ハゲの悩み

Copyright© AGA発毛治療でセンスアップ , 2022 All Rights Reserved.