AGA発毛治療、男性型脱毛症や女性の薄毛治療「FAGA」のケアの方法やクリニックの紹介をしています。

AGA発毛治療でセンスアップ

AGA治療病院 AGA治療費用

AGA治療の相場と費用は?あなたが知らない○○。保険が使える?

AGA治療の相場と費用【保険は使えるのか?】これからAGA治療を考えている人にとっては気になる疑問ですよね?

今回は、そんな治療料金と一般的な相場の紹介と、保険は適用できるのか?について紹介していきたいと思います。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

 

AGA治療の費用と相場

従来まで『薄毛を治療する』ことは難しいと考えられていましたが、医学が進歩したことで、AGAに対する様々な治療方法が開発されてきています。

前述した内服薬(フィナステリド)による治療方法やLEDなどのレーザー治療、外用薬や移植など、多種多様の治療方法が存在します。
基本的には内服薬による治療が行われますが、場合によってはレーザー治療や自毛移植(自分の髪の毛を移植する治療)などが選択されます。

このように、今は薄毛治療にも様々な選択肢がある時代なのですが、問題はそのコスト(医療費・治療費)です。
安いものでも月間数万円、治療内容によっては、数10万円から数100万円が日露になることもあります

以下に各治療の費用相場をお示ししておきます

 

AGA治療の料金と相場について

一般的なクリニック(病院・医院)でAGA治療を行う場合には、基本的に月に一回程度の通院が必要になります。
そして通院毎に以下の費用が必要になります

 

ポイント

  • 診察料:数千円
  • 投薬料:1万円〜2万円程度(薬によって異なる)
  • 処置料(注入治療):数万円〜10万円/一回
  • 処置料(自毛移植):約100万円(合計)

AGA治療の内容(内服治療・注入治療・自毛移植治療)によって、料金は大きく異なります。

また、治療を受ける医療機関によっても料金が異なる場合があります。
このように、AGA治療は非常に費用がかかります。

 

 

 

 

AGA治療の保険適応について

AGA治療は『保険適応外』です。

通常、病院での診療は保険診療が行われるため、3割の自己負担(場合によって1割)で医療サービスを受けることができます。

しかし、AGA治療は保険適応外ですので、全額自己負担で治療を受けなければいけません
そのため、たとえ一般的な医療機関での治療あっても、AGA治療は非常に高額になってしまいます。

 

 

 

 

医療費控除の対象外

AGA治療は保険適応の範囲外というだけではなく、『医療費控除』も対象外となっています。

医療費控除というのは、医療費が多い人のために、医療費を税金から控除してくれるという制度です。
自分や家族の医療費が年間10万円を超える場合に申請をすることができ、節税のメリットが非常に大きな制度です。
しかし、2020年現在において、AGA治療は医療費控除の対象外であるため、10万円以上のAGA治療を行っても、医療費控除の申請をすることはできません

 

 

皮膚科?内科?AGA治療は何科に行けばいいの?

AGA治療は『AGAクリニック』とよばれる専門病院で行うのがおすすめです。

AGA治療が受けられる一般病院やクリニックはいくつかあり、単純な投薬だけであれば一般内科や皮膚科でも治療可能です。

しかし、より専門的な治療やアドバイス、最新の治療を受けるためには、『AGAクリニック』を受診する必要があります
現状、どの医療機関を選択しても、AGA治療のために保険診療を受けることはできませんので、一般病院で治療したからといって治療費が劇的に安くなるということはありません。
そのため、専門家による治療を受けるためにも、AGAクリニックでの治療がおすすめです。

 

AGA治療をお願いする人続出中のおすすめクリニック5選

 

「AGA治療」大阪・梅田・心斎橋・北新地で3つのおすすめクリニック

 

【植毛・AGA治療】問い合わせが殺到しているクリニック3選

 

 

 

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は、AGA治療の相場と費用、保険が使えるのか?について紹介しました。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

 

-AGA治療病院, AGA治療費用

Copyright© AGA発毛治療でセンスアップ , 2020 All Rights Reserved.