AGA発毛治療、男性型脱毛症や女性の薄毛治療「FAGA」のケアの方法やクリニックの紹介をしています。

AGA発毛治療でセンスアップ

AGA治療・年齢

AGA治療・20代からハゲの治療はできません!?ホルモンバランスのせい?

10歳から20歳前半は成長過程の中でも大事な時期になるので、なかなか治療が行えない場合の方が多いようです。

今回はそんなAGAの年齢制限ついて調べてみました。

AGAの年齢制限とは?20代は?

AGAの年齢制限とは?20代は?

AGA治療を検討している方の中には、「何歳から治療できるのか」「年齢が高いと効果が出にくい」など、年齢制限に関する不安を抱えている方も多いでしょう。

ここからは、AGA治療と年齢制限に関することを説明していきます。

 

 

 

AGA治療は何歳から始められるのか?

AGA治療は何歳から始められるのか?

AGA治療は、原則20歳以上の方を対象にしています。

というのも、AGA治療では男性ホルモンを抑制する働きのある薬を使用するのですが、これらの薬は未成年に処方することができないからです。

とはいえ、薬以外の方法で薄毛を予防することは可能ですので、10代からAGA対策をしたい方は専門のクリニックに問い合わせしてみるのもいいでしょう。

 

 

AGAメディカルケアクリニックでは18歳以上から診察可能

クリニックによっては、18歳以上であれば未成年の方への診察も行なっています。(未成年の場合、保護者様の同伴をお願いしています。)

ひと口に薄毛と言っても、その原因が必ずしもAGAとは限りません

 

何か別のことが理由で発症した脱毛症の可能性も考えられるため、まずは薄毛の原因を特定するところから始めていきます。

 

 

AGA治療の効果は何歳まで実感できる?

AGA治療は、適切な治療を受ければどの年代でも効果を実感することができます

ただし、発症してから治療を始めるまで時間があいてしまうと、薄毛が改善するまでに時間がかかったり、薬の処方量が多くなることがあります。

なぜかというと、AGAは進行性の脱毛症であり、治療をしなければ薄毛がどんどん進行してしまうからです。

 

AGA治療薬には、

  • 薄毛の進行を予防するもの
  • 薄毛部位を発毛させるもの

 

この2種類の薬があるのですが、AGAの進行レベルが初期段階であれば、薄毛の進行を予防する薬だけで治療が可能です。

 

 

ところが、薄毛が広範囲に広がっている場合、予防の薬と合わせて発毛させる薬も処方しなければなりません。

できるだけ早く薄毛を改善したい方は、AGA発症後すぐに専門クリニックを受診することが大切です。

 

 

 

 

「抜け毛が増えたかも?」と思った時がAGAクリニックを受診するタイミング

AGA治療は早めのスタートが肝心ですが、クリニックを受診するタイミングとしては、「抜け毛が増えたかも?」と感じた時がベストです。

放置するとどこまでも進行し続けるAGAは、早めの治療によって薄毛の進行を食い止めることができます。

抜け毛の増加はAGAだけが原因ではありませんが、まずはその薄毛の原因を特定し、適切な治療を始めることが薄毛予防の第一歩となります。

「最近抜け毛が増えた」「生え際(もしくは頭頂部)が薄くなった」と感じた時は、AGA治療専門のクリニックへ相談してみるといいでしょう。

 

 

 

 

AGAは、年齢を問わず発症する可能性

 

 

 

AGA治療ができるクリニック|推薦5選!髪の毛が少ない人の為の治療法&かかるプライスもご紹介!

 

 

 

具体的には?どんなことが起きてしまうのか?

若くして抜け毛が増えたり髪全体のボリュームが減る原因は次の4つです。

 

 

若くして抜ける、男性型薄毛の原因とは?

若くして抜ける、男性型薄毛の原因とは?

  • AGA(男性型脱毛症)
  • 誤ったヘアケア
  • 生活習慣の乱れ
  • ストレス

 

AGA(男性型脱毛症)

AGAは男性の年齢に関係なく発症する一種の病気と言われています。原因としては男性ホルモンである「テストストロン」が5αリラクターぜという酵素がくっつくことで発動する男性特有の薄毛症状になります。

ちなみに1度発症すると薄毛、いわゆる「はげ」が進行していきます。

特に症状が出てくくるのが、自分から見えてくる「生え際」や、見えづらい「頭頂部(つむじ)」などが挙げられます。

 

 

誤ったヘアケア

過度なヘアケアもまた若年層の薄毛の引き金となることがあります。

頭皮を清潔にしようと1日に何度もシャンプーするのは、実はよくある悪い例の一つです。力を入れてゴシゴシこすったり、熱めのお湯ですすいだりするのも頭皮に負担がかかるため適切なヘアケアとは言えません。

薄毛を改善しようとするあまり過剰なお手入れをしている方は多いので、自己流のヘアケアはこの機会に見直しをした方がいいかもしれません。

 

生活習慣の乱れ

睡眠の質の低下や偏食、運動不足といった生活習慣が若年層の薄毛の原因となる場合は多いです。

ヒトの毛髪は日々の食事から摂取した栄養や、睡眠中に分泌されるホルモンのはたらきによって成長するからです。

高カロリー・高脂質な食事は皮脂の過剰分泌による頭皮環境の悪化を招きますし、睡眠不足が続くと抜け毛や細毛が増えやすくなります。

また、運動量が少ない方は血行不良や新陳代謝が低下しやすい傾向にあります。その結果頭皮に十分な栄養が行き渡らず、毛髪は十分に成長しきれないまま抜け落ちてしまいます。

さらに、20代は喫煙や過度な飲酒にも注意しなければいけません。社会人になると外食やお酒のお付き合いが増えますが、不規則な生活が薄毛の原因となることは肝に銘じていただきたいです。

 

ストレス

「ストレスで薄毛になる」とはよく言いますが、ストレスによる薄毛は若い世代にも当てはまります。

ストレスで抜け毛が増えるのは自律神経の乱れによる血行不良が原因です。私たちヒトの身体は、強いストレスを受けると交感神経が強くはたらきます。

平常時は交感神経と副交感神経のバランスが保たれていますが、交感神経が優位になると血管収縮が起こり血流が悪化。これにより頭皮に栄養が届きにくくなり、健康な毛髪が育たなくなるというわけです。

 

 

 

AGA治療・20代からハゲの治療・まとめ

いかがでしたか?

今回は、「AGA治療・20代からハゲの治療はできません。ホルモンバランスのせい?」fについて紹介しました。

 

結論は、普段からのケアが大事なのと、早めの治療が効果的ということがわかりました。

 

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

-AGA治療・年齢

Copyright© AGA発毛治療でセンスアップ , 2022 All Rights Reserved.