AGA発毛治療、男性型脱毛症や女性の薄毛治療「FAGA」のケアの方法やクリニックの紹介をしています。

AGA発毛治療でセンスアップ

AGA治療・年齢

若はげで困っている?AGA治療は10代からでも治療することは可能なのか?

10代だというのにまわりから、薄いと言われて
とても気になっている。どのようにしたらいいか?もがき苦しんでいませんか?

そんなお悩みの解決案と、方法についてしらべてみました。

 

若はげで困っている? AGA治療は10代からでも 治療することは可能なのか?

 

今こんなことで悩んでいませんか?

まだ10代なのに抜け毛でなやんでいる

まわりから髪の毛が薄いことでからかわれる

 

 

実は、そのままにしていると良くない場合があります

髪の毛がたくさん抜けてびっくりしたことはありませんか? それには単なる抜け毛ではなく、思わぬ原因が潜んでいる可能性もあります。

もしくは、ホルモンのバランス以上の場合もあります。

 

実際にほおって置くと、周りからのイジリが段々とエスカレートして学校にいくのもいやになってしまうかもしれません。

 

「抜け毛が増えたように感じる」
「ヘアセットがしにくくなった」

毛髪にこのような変化が見られると、薄毛が進行している可能性が高いです。

薄毛=中年男性特有のものというイメージがありますが、10〜20代の若年層でも薄毛は発症します。

また、ひと口に薄毛といってもその症状はさまざまで、原因や対処法もそれぞれ異なります。

 

 

AGA治療・10代の結論から・・・

結論からもうしあげますと

薬で過程を遅らせたり、抜けずらくする薬はそんざいしますが。
原則20歳未満への投与は難しいです。

ここ日本では10代の使用について安全性が確定されていません。

異国では18歳以上で行われたケースはありますが、原則未成年への投与は困難であると考えましょう。

ですが、なんとかそのなやみを改善してあげたいとも思まいますので、
すぐにできる”アフターケア”の方法について紹介していきます。

 

 

 

ハゲをわからないようにする髪型や治療の仕方

20~30代のうちから額の生え際が薄い方は、若年性脱毛症を発症しているケースがあります。若い年頃ほど、薄毛の心配ごとが大きくなりがちです。

今回は若年性脱毛症について、以下の内容を中心にご説明していきます。

・若年性脱毛症が起きる原因ついて

・生え際が気になってしょうがないときの対策について

・10代からでもやっていただける治療の仕方について

10代で若年性脱毛症が引き起こされるケースは多いのかもお伝えしていくため、薄毛が気になる10代の方は参考にしてください。

 

 

 

10代でも生え際が薄い症状が出る若年性脱毛症の原因

若年性脱毛症とは、若い年代からはじまるAGA(男性型脱毛症)のことです。 30代や40代ではじまるAGAは壮年性脱毛症と呼ばれます。

どの年代でもAGAの発症に大きく関わっているのが、男性ホルモンのテストステロンです。

 

テストステロンの主な働きを理解しましょう。

【テストステロンの主な働き】

メモ

・筋肉を発達させる・声変りさせる

・髭や胸毛など体毛を濃くする しかし、額の生え際とツムジあたりの場合、

男性ホルモンが頭髪を薄くする方向に働くことがあります。

 

【AGA発症のプロセス】

メモ

・テストステロンが血液で頭部に運ばれる

・テストステロンが5αリダクターゼ2型(還元酵素)と結合し、ジヒドロテストステロン(DHT)へ変換される

・脱毛作用のあるDHTによって毛母細胞の働きが弱まる

・ヘアサイクルの成長期が短くなり、髪の毛が細く短くなっていく

5αリダクターゼ2型は、額の生え際や頭頂部の毛乳頭細胞に見られる還元酵素です。

そのため、AGAの症状は額の生え際や頭頂部に出やすいです。

 

 

(1)若年性脱毛症のサインについて以下に身に覚えがある方は、若年性脱毛症の前兆という見方ができます

【若年性脱毛症のサイン】

メモ

・マクラに付く抜け毛が増加してきた

・毛根の細い抜け毛が増えてきた

・髪の毛のボリュームがダウンしてきた

・ヘアースタイリングが決まらなくなってきた 若年性脱毛症は少しずつ症状が進行することが多いです。

頭頂部より生え際のほうが目視しやすいです。 生え際の薄い症状の進み具合が気になるときは、継続的に鏡をチェックしてください。

 

 

 

(2)10代でAGA(若年性脱毛症)を発症するケースは多いのか 10代でAGA(若年性脱毛症)が引き起こされるケースはまれです

以下の年代ごとのAGA発症頻度をご覧ください。

【年代ごとに見るAGAの発症頻度】

メモ

・20代:約10%

・30代:20%

・40代:30%

・50代以降:40数%

上記のように年代が上がるほど、AGAの発症頻度が高くなります。

 

 

 

テストステロンの分泌量は、思春期以降からグンと跳ね上がることが多いです。

 

 

そして20代でテストステロンのピーク時を迎え、それから後は年齢とともに減少していっていきます。

(個人差がある)

 

しかし、10代でAGAを発症する可能性はゼロではありません。

まれなケースではあるものの、10代からでもAGAの症状がはじまることがあります。

 

 

 

薄い生え際をわからないようにするための対策 薄い生え際が気になるときは、以下の対策が有効です。

 

 

 

【薄い生え際への主な対策】

ポイント

・ボリュームパウダーを使用する

・育毛サプリを使用する

・AGA治療を受ける それぞれの対策について、以下に詳しく紹介します。

 

 

 

 

 

(1)ボリュームパウダーを使用して生え際の薄い部分をカバーボリュームパウダーはパウダー(繊維)を地毛に付着させる増毛商品です。

静電気でパウダーを付着させるタイプが多く、薄い生え際にパウダーをふりかけるだけで済みます。

帰宅した後に、シャンプーで洗い流せるボリュームパウダーが多いです。

ただし、ボリュームパウダーによっては仕上がりが不自然になることがあります。

そのため、自然な仕上がりが期待できるボリュームパウダーを選んでください。

 

 

 

 

(2)育毛剤や育毛サプリで生え際の薄い症状を予防ボリュームパウダーは育毛が期待できる対策ではありません。

生え際を育毛したいときに便利なのが、育毛サプリメントです。

自分の頭髪を育毛するサプリメントであれば、仕上がりが不自然になる心配はありません。

しかし、医薬品と比べると育毛サプリメントで期待できる作用は穏やかです。

またAGAの原因物質のDHTの抑制も見込めません。

信頼性が気になる方は、臨床試験で証明されている毛髪栄養補助サプリを選ぶとよいです。

髪の毛の成長が期待される栄養を補給し、身体の内側から育毛を目指せるサプリメントです。

ただし、毛髪栄養補助サプリメントによっては18歳未満だと使用できないことがあります。

何歳以上から使用できるのか、よく確認してから毛髪栄養補助サプリメントを購入してください。

チャップアップサプリ(ハゲない)

詳細・公式サイト「チャップアップ育毛サプリ」

 

 

 

 

 

(3)薄い生え際にAGA治療を受ける AGAには以下のような治療の仕方があります。

【AGAの主な治療方法】

・フィナステリド(内服薬)

・ミノキシジル(内服+外用薬)

・毛髪再生メソセラピー

・HARG療法など

治療方法によっては、10代からでもはじめられます。

 

 

 

①HARG療法ならご年齢を気にすることなくに治療できる

HARG療法は年齢を問わない治療の仕方です。

ポイント

  • 幹細胞から抽出した成長因子を配合した薬剤AAPEを頭部の肌に注入するのがHARG療法です。
  • 副作用がほとんどない都合上、未成年でも治療が受けられます。
  • 個人差があるものの、発毛効果が出るまでの目安は3か月です。
  • 発毛を実感できるまで、ボリュームパウダーを使用しても問題ありません。
  • (治療当日は使用できない) ただし、内服薬や外用薬と比べるとHARG療法の料金は高めです。
  • クリニックや病院によって異なるものの、HARG療法1回9万円~12万円ほどのコストがかかります。
  • また、20歳未満の方がHARG療法を受けるには親権者(両親)、またはご両親の方の同意が必要です。
  • お金の面のことも含めて親権者、御両親の方に相談してください。

 

 

②フィナステリドは使用できない場合があるフィナステリドは、研究により99.4%の症例で効果が認められた有効成分です。

(1mg/日 5年間継続して服用)有効成分で5αリダクターゼ2型の働きを阻害し、脱毛を予防します。

しかし、国内では10代の使用について安全性が確立されていません。

海外では18歳以上で行われたケースはありますが、原則未成年への投与は難しいと考えましょう。

 

 

AGA治療で何かと取り沙汰されているHARG(ハーグ)療法とは?3つのポイントやコスト、治療法期間まで解説します

 

 

 

 

 

 

 

 

-AGA治療・年齢

Copyright© AGA発毛治療でセンスアップ , 2022 All Rights Reserved.